西口明宏

出身 大阪
在住 東京都
経歷
  • 中学入学と同時にビックバンドジャズに出会いテナーサックスを手にする。
  • 立命館大学入学後、同大学や甲南大学のビックバンドに所属。
  • 18歳より小曽根啓氏にサックスを師事、京阪神エリアで演奏活動を始める。
  • 2003年にボストンバークリー音楽学院より奨学金を獲得、同年渡米する。
  • 在学中には学生選抜ビックバンドであるBerklee Concert Jazz Orchestraに所属。各地方をツアーし、地元ラジオ局、各地ジャズフェスティバルに出演、また多数の著名プレイヤーと共演する。2006年にはニューヨークで行われた国際ジャズ教育協会のカンファレンスに同バンドで出席、演奏。好評を得る。
  • 在学中はGeorge Garzone(sax), Frank Tiberi(sax)にサックスを師事。Joe Lovano(sax), Hal Crook(Tb)にインプロビゼーション論、アンサンブル学を師事する。
  • 2006年卒業後、Ramiro Olacireguiグループのメンバーとして在エクアドルのアメリカ大使館により招致されツアーを行い好評を博する。
  • 同年活動拠点をニューヨークに移し、この間に多くのミュージシャンとセッションを重ねると共に、ジャズだけではなく、インディペンデントフィルム、ダンスなどと即興音楽での共演、ミュージカルでの演奏を経験。様々なジャンルのグループに加入し、ラテンから即興音楽まで幅広く、また自己グループによるNYライブハウスでのレギュラー演奏を行うなど精力的に活動する。
  • 2010年3月に約4年に渡るニューヨークでの活動から東京に拠点を移し、同年9月にNYでのグループでの録音によりレーベルD-Musicaより、デビューアルバム「Tre Agrable」をリリース。ジャズ雑誌jazzLife2010年のベストアルバムを発表するコーナー【JAZZ LIFE DISC GRAND PRIX】で1位に選ばれるなど好評を得る。続いて2013年には2作目となる「PINGO」をリリース。
  • 現在は自己のバンド、メガプテラス、大坂昌彦(ds)、古谷淳(pf)、海野俊輔(ds)、Michel Reis(pf,ルクセンブルク)、YuYing Hsun(pf,台湾)のグループに参加。
  • 2014年にはブルーノート75周年記念ライブのメンバーに抜擢され、日野皓正(tp)山中千尋(pf)ロンカーター(bs)ジーンジャクソン(ds)とのグループでブルーノート東京に出演、また2016年デトロイトジャズフェスティバル・ジャズコンペティションで最優秀賞を受賞。2017年に自身のグループでデトロイトジャズフェスティバルに出演するなど、近年海外での活動も多い。
先生からの一言 みなさん始めまして、サックス奏者の西口明宏です。私がサックスを学ぶためにア メリカへ留学した最初の驚きはその教育法の違いでした。サックスの基本奏法を通 してジャズ・アドリブに必要となる基本的な理論や実践練習を行い、生徒それぞれ の個性に合わせた練習課題を作ることにより、初心者からプロを目指す上級者ま で、年齢問わずわかりやすく説明します。これまで10年以上に渡り、音楽教室、 国内外でのワークショップなどで指導してきました。アメリカで学んだ経験や、実 際の演奏活動での経験も踏まえて、みなさんにサックスを吹く喜び、そして即興の 楽しさをお伝したいと思います。
西口明宏
HomepageAKIHIRO NISHIGUCHI (Saxophonist and Composer)
50分/回 9,900円(税込)

西口明宏先生は、体験レッスンはありません。

ONLINE LESSON

オンラインレッスン受付中

いち早くオンライン・レッスンを取り入れ、
ただのビデオ通話ではなく、生徒さんとの画面共有や電子書籍、
アプリを駆使してクオリティの高いオンライン・レッスンをしている先生です。